売り買いの値は

「スプレッド」とは外為取引は外貨を売買の注文をして差益を上げる商取引です。

売り買いの値は、上下しています。

これが為替市場です。

ラジオのニュースを聞いていると通貨の為替相場のニュースが流れます。

よく見かけるのが、「今のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

これは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表しています。

要するに、トレードには買いと売りの両方の値があります。

売値のことをビット、買値の事をアスクと表示するFX会社も存在しています。

売値の方が買値よりも小さく設定されるものです。

実際に買値は高く、売値は低くなるのです。

その差額をスプレッドといい、FX会社の儲けの一部になっています。

スプレッドの差はFX取引会社によって違います。

スプレッドの狭さはコストになるので低いFX会社を選んだほうが得します。

ただし、同じ取引会社でも状況に応じてスプレッドの狭さは変わります。

もしも通常時は円とドルの組合せでわずか1銭のスプレッドの狭さとは言っても、マーケットの変化がかなり大きい状態では広くなったりする場面があります。

なので、スプレッドが小さいのと同じく変化しないということが大事です。

今では動かないスプレッド幅を見せる取引業者もたくさん存在しています。

現実に業者の売り買い画面の中で現実の為替相場を確認しなければわからないのでわずらわしいですが、必要な事です。

重要な財産を賭けて注文をしますので本当のエントリーの前に興味がある業者の新規取引口座開設を試して、スプレッドの幅を確かめましょう。

同じ通貨の組合せその瞬間の市場のボラティリティによって通貨のスプレッドの広さは変わることがあります。

おおむね、銀行間取引で取引量の多くて、流動性の高い通貨ではスプレッド幅が狭く別の通貨ペアではスプレッドが広がる事があります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.jevonrudder.com All Rights Reserved.