www.jevonrudder.com

クルマを持つあなたであればご存知だとは思いますが自動車税を支払う義務があります。そしてこれは手放す愛車買取時に当然のように戻ってくる税金なのです。これについては実際、実行してみるとすぐ覚えられますが一から順番に説明していきます。事前に記載するならば、日本で作られているクルマだけでなく海外の車等も自動車税が戻ってくる範囲になっています。当然所有車についてもそうです。自動車税というのは自動車を所有する人が支払わなければならない税ですが、税額はクルマの排気量の大きさにより決められています。1リッターより低いならば29500円1リッターから1.5リッターまでなら34500円です。これ以降は500ccごとに5000円ずつ増加していきます。この税は4月1日時点の所有者がその年度の税金を払うことになります。要は事前納付ということですから、もちろん愛車を手放して、オーナーでなくなった場合などはその分の自動車税は戻ってくる事を意味します。税の場合は前払いで今年度の金額を納付しますので年度内に愛車を引き取ってもらった場合は新たな所有者が税金を納めなければいけないということです。買取先が買取専門店であれば、引き取り時に所有者が先払いしている分の税額を返還してくれます。まとめると、所有権を手放した際以降の税は、権利が移った所有権を持った人が納税義務を負います。あなたが10月に車を買い取ってもらったケースでは11月以降来年3月中までの払った税金は返金されます。というのは、前述の通り自動車税というのは先払いであるという事実から来ています。まとめるとあなたは売却相手に払いすぎた税金を返してもらうということです。個人間で車を買い取ってもらうときに意外とこのような重要な知識を忘れている方が多くいるので忘れないようにしてください。自動車税が車を売った際に戻ってくるという知識をほとんど知っている人がいない事をいいことにその状況を言わない悪徳業者もあるのです。こちら側から自動車税の返金についての話題を出さなければ一切税金のことには触れないという場合もしばしば見られます。ですから愛車の買取をする時には、払いすぎた税金が戻ってくるのかどうかを確認することを怠らないようにしてください。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.jevonrudder.com All Rights Reserved.