www.jevonrudder.com

この任意保険とは強制保険になっている自賠責保険とは違い、自賠責保険の範囲内でまかなえない補償が可能になるとても大事な保険といえます。これは任意保険のポイントは自動車損害賠償責任保険の上乗せ保険という意味合いで有用なものですので自賠責保険で補える支払い限度額を超えた時に登場します。さらに、自賠責保険の中では物的損害に対しては補償を受けることができないのでそこまでまかなう際には任意保険に入るのがいいと思います。現時点で任意保険の保険料を払っている愛車を処分する場合は日本の車とかドイツ車などことは例外なく残っている分が戻ってきます。国産車を処分するケースについても例外ではありません。自賠責保険、基本的には放っておくのが通例ですが任意保険というのは皆がかける保険ではないですから、解約ということになります。そして、中途解約をすればすでに 支払い済みの残存金額が返還されることになります。愛車の取引が決定したからといってすぐに加入している任意保険を中途解約するという選択肢はリスキーです。勿論できるだけ早く解約するとその分還付される金額は増加しますがもし自動車専門店が離れた地域にあるため自分で運んで行くような時は、保険なしで車の運転をするはめになります。リスクに備えて必ずこれから自ら自動車の運転をすることはないという状況にする時まで任意保険の契約の中途解約の手続きはしないようにしなければなりません。中古車を手放してすぐさま新たな車両を買う場合だったら構わないでしょうが、仮に車の運転をしない状況が続き任意保険の必要がなくなってしまったらこの任意保険に入っていない時間がある場合以前継続していた保険の等級が下がり保険料が上がることがあります。そういったような場合は「中断証明書」というものを発行してもらうようにすることが必要です。この「中断証明書」を使えば最長10年は無保険になる前の保険の等級を継続することができるのです。そして13ヶ月以内であれば発行してもらうことができますのでもしも現在中古車を手放していて、「中断証明書」を発行されていないのであれば、その保険会社や保険代理店にそのことを伝えたほうがいいと思います。仮に自分がまた自動車を購入することになって購入した後に以前所有していた中古車を査定に出す場合は、任意保険の加入は一方のみのになります。契約し直しということになるので運転する予定のあるクルマであれば買い取りまでにはこのことを頭に入れておかなければなりません。それから、任意保険というのは車の種類などにより価格が少し異なってきますので、買い取りのさいは任意保険の保険料を見直す良い機会とも言えますね。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.jevonrudder.com All Rights Reserved.